榛名山麓の小さな町から松下村塾的こころだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜の花の沖!「政治は流されて」のこころだ

<<   作成日時 : 2018/03/20 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小選挙区比例代表制の功罪が問われている。
 安倍一強といわれるが、自民党の金属疲労が顕著になってきた。小泉筆頭副幹事長周辺と四面楚歌の石破氏周辺が発言をし始めたが、政治不信を党内からとがめる空気は表に出てこない。地方も小選挙区の弊害として現職首長の再選に有利に動いているように見えるが、アメリカのような自由は発言や行動が許されない雰囲気に地方もなりつつある。
 私が地方政治に興味を持ったのは、防衛費の基地周辺対策費(民生安定)の公園建設から。
 当時、公園の建設にかかわり、地域有力者の公園予定地に多額取得費が計上されたという噂を聞いたからだが、それは事実だった。直前の首長選挙の選挙違反報道もあり、かなりの議員や有力者が地元警察から事情を聴かれたようだった。マスコミも厳しく追及していた。前々町長は、別のところに公園建設を最後の議会で公言していたが、選挙後その地区に決定した。へり旅団新設と並行したかたちでこの公園計画は発議されたが用地取得費は膨大なものになった。とても駐車場の無い地域公園としての体裁ではなく大規模なものだった。公園完成後私も議会へ。
 ところが当選直後、防衛省予算の基地周辺対策費で、防災公園計画が提示された。4億円という予算規模だったが、次第にこの予算が膨張した。4年後の改選期には8億円に膨らんでいた。ここでも、膨大な用地取得費が有力者に集中した。ヘリポートだの駐車場予定地で。建設予定地は古墳の埋まった小高い山。。防災の拠点になりようもなく唖然としたが,議会対策が功を奏したのだろう賛成多数で押し切られた。その後は、私はすべての関連予算にはすべて反対討論に立ち反対の意思を示した。わたしは国士たる気構えで議会活動を貫きたかったから。
 その後、選挙で防衛周辺対策費(防災公園計画予算削減)を争点として戦ったつもりだが力なく敗北。 ただ、その防災公園計画と並行して運動公園計画も執行は発議。特定地域周辺の公共用地取得は膨大で異様であった。まして、選挙前には用意買収はすべて完了したのだ。
 おかげで私は、革新候補と揶揄されたが、私自身は保守の域を脱したこともなく、防衛予算頼りに行動する輩とは一線を画して生きてきたし、国防の重要性も誰よりも認識しているつもりだったが。
 私は、無私のこころこそが公人を支えており、国士たる気構えなくしては、恥ずかしくて人の前には立てまいとも考えている。
 国際情勢厳しき時節柄、防衛予算こそ厳しい目で見守っていきたいが、それにしても国のレベルでも忖度か!
 そういえば、政治家や国のリーダーが自身の保身のために国民に忖度をし続けた結果が、1000兆円以上のこの国の借金に!竜馬や松陰が生きていたらどう思い行動するのやら。  
じんじんファームプロジェクトもひと段落。菜の花も咲く今日この頃。恒例の司馬遼太郎記念館詣りにでも行こうかと考えているのだが。
 
そして、今の心境は!

  訴える相手がいないまま
  私は第二次大戦の敗戦兵としては最年少の部類に属し、当時私が自分の家族のもとに戻りますと、家も町もすべて焼けてしまっていて、私が持っていた服も書物もすべて灰になっていました。

 工業は壊滅しましたが、農業は国民を十分には養いきれないものの残っています。
 この農業は日本人の生命無事を最小限ながら保証し、言い方を変えればそのことによって日本を回復させたのです。

 決してその後に再建された工業ではありません。が20世紀後半になって巨大な土木機械を持つようになってから民族そのものが変わってしまったほどに平然と自然を切りきざみ始めたのです。
 
 我々は子孫に何を残すのか。
 私の答えは簡単です。
 地球、自然と言い換えても構えません。
 人間の生命が維持できて、それぞれが快適にその生涯を終える生態系を持った地球を次世代に残すということです。

 地球についての不安は窮ではなく世界中に共有されつつあるが、さらにこの窮を訴えているのが、相手がいないのです。

 国家や企業にとっての関心事は、今日と明日のパンであって、100年先のパンは、架空のことなのです。
 やはり、人々に訴えるしかありません。
 このように国家やイデオロギーを超えた存在で、しかもそれらに影響を与える無名のしかも良識のある多数の人々など存在するはずがなく、したがって私は、いもしない相手に向かって訴えようとしているのです。
 過去において存在しなかったと言っても将来100年後にひょっとする出現するかもしれません。
 そういう、か細い可能性に向かってしか訴える事が出来ません。  司馬遼太郎





政務調査費?その使用実態と問題点 (地方自治ジャーナルブックレット)
公人の友社
宮沢 昭夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政務調査費?その使用実態と問題点 (地方自治ジャーナルブックレット) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5)
晋遊舎
竹内 薫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
菜の花の沖!「政治は流されて」のこころだ 榛名山麓の小さな町から松下村塾的こころだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる