田崎史郎共同通信解説委員の発言は大丈夫!のこころだ

 群馬県町村議会議員研修会に参加した。
 第1部の講演は「道州制の動向と問題点」と題して、幸田雅治氏が「道州制は名を変えた中央集権強化の地方の再編成に過ぎず利はない」と切って捨てたが、総務省の元道州制担当課長という肩書がすごい。今は神奈川大学の先生だが。
 第2部がテレビによく出ている田崎史郎氏。共同通信解説委員という肩書もすごい。
 しかし、講演の内容は今まで聞いた政治評論家や政治記者の中では最低の講演だった。
 聴衆は田舎の町村議会議員なのだろうが、つかみの女性蔑視の発言の連続で、もし国会議員の発言ならアウト。テレビ局で同席する女性出演者は化粧してないときは肌が黒いとか、顔が小さいとか。「小渕さんはかわいそうだが、松島はダメ」程度の話。もちろん核心部分の話も聞けたのだが、低レベルの発言には閉口した。
 ダメ出しが今の政権中枢の学歴は二・三流(安倍成蹊大・麻生学習院・菅法政・小泉関東学院)だがよくやっている。民主は一流の学齢集団だったがあの程度。安倍さんは小池百合子の官邸への足の運び方で、自分の好不調がわかるとか。菅官房長官や安倍さんとはよく食事を共にするとの発言もあったが、マスコミ人(ジャーナリスト)としての気概はあるのか不思議。
 まだまだあるがこれくらいにしておこう。大変失礼な講演批評だが、公の場での発言であり、公人としてマスコミ人(ジャーナリスト)として資質が問われていい。町村議会議員を馬鹿にするなと言いたいのだが、国家を論じる政界周辺はこれで通用する世界なのか疑問だし、田崎氏の発言に喝だ。
 『政治記者失格―なぜ日本の政治はダメなのか』という論説でも掲載して欲しいものだ。永田町四方山話なのだろうが場所と相手が悪い。平場の話では決してない。



維新漂流 中田宏は何を見たのか
集英社インターナショナル
田崎 健太

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 維新漂流 中田宏は何を見たのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

政治家失格—なぜ日本の政治はダメなのか (文春新書)
文藝春秋
田崎 史郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政治家失格—なぜ日本の政治はダメなのか (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック