「とんび」で涙が!のこころだ

 毎週楽しみにしている「とんび」だが、今日も泣かせてくれた。「三丁目の夕日」も涙腺をゆるませてくれたが、「とんびも」涙腺に刺激を与え過ぎ。年をとったせいなのか!とも考えるが、隣近所でわいわいしていた昭和の高度経済成長期前期を懐かしく思い起させてくれるからかもしれない。
 当時は子供ながらに、鬱陶しく感じていたのだが。文学の仕掛けとやらに感心せざるを得ない今日この頃。最終回が楽しみでもあるが、30分延長分の涙を補給しておこうと思う。
 明日から、予算委員会が再開されるが、新年度予算の目玉が見つからない。総花的でもあり、無駄も目につく。
 町民の貴重な税金なのだから遠慮せず、躊躇せず発言していこうと思う。特に防衛施設周辺整備助成補助金には注目したい。理解と覚悟がキーワードでもある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック